プロフィール

north man(mikami)

Author:north man(mikami)

Blog Modelers

Blog Modelers

MMD

MMD

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

今日は何を造ろう
毎日の生活と模型造りを気負わずに、気楽に。
1/72 シーハリアー 19 完成
最後の最後でやらかすのは毎年の事なのですが今回は持つ所が少ないので本当にどうしようかと思いました。



元々の作りが粗いので分からなくなったと思います。

こんな感じで梱包して静岡に持ち込みます。
卓番89 YDCCさんの「フォークランド紛争」に展示させて頂く予定です。
スポンサーサイト
1/72シーハリアー 16
艶消しクリアーを塗って脚を接着しました。仮組した時は4脚とも接地してたんですがね…
乾燥待ちしてます。

排気ノズルを接着して、パイロンとサイドワインダーを接着すればいよいよ完成です。
輸送ケースを作らなきゃいけないですね。
1/72 シーハリアー 15
デカールを貼りました。
最近はデカール貼りが苦手になってますが、今回の機体は注意書きが少なくて楽で良かった。

艶消しクリアーを塗装したら組み立てて完成ですね。何とか間に合いそうです。
1/72 シーハリアー 14
塗装の手順を全く考えていなかったのでやり直して時間取られてます。


最初にレドームをマスキングしてから機体色を塗るべきでした。グレーをマスキングするよりも黒をマスキングする方が楽です。

塗り直したのですが、細部を塗装してからマスキングする方が楽です。

翼端灯やアンテナ類を塗って乾燥待ちます。
最後の難関のデカール貼りがいよいよです。
翼下のマスキングも剥がしましょう。

1/72 シーハリアー 13
調子を見ながら下塗りして間違いを修正。
本当は左側に付けるのを右に付けるという初歩的なミスしてます。


本塗り終わったのですが機首の黒を先に塗っておけば良かったと今更ながら後悔してます。塗り分けが面倒そうです。

戻ってからセミグロスで塗ってマスキングしてデカール貼ってから艶消しします。
1/72 シーハリアー 12
各種アンテナが一体だったのを、整形に邪魔になるので切り離してましたが、塗装の前に接着しました。
でもね機首の一個は飛ばしたのでプラ板で作り直しました。背中の二枚も作り直してますが同じ物を二枚作るのは難しいです。



接着面をどう取るかも考えないと強度が落ちるので流し込み接着剤も使ってますが本当は真鍮線で補強しないと駄目なのかもしれないです。

1/72 シーハリアー 11
そろそろ塗装を始めないと完成しないかも知れないと焦りつつ翼端を整形したらパックリと割れました。

力が入ると駄目な様でもう一度やり直したのですが割れました。真鍮線で補強しないと駄目なのかもしれませんが流し込み接着剤で接着して一週間放置してから削ってみます。これで駄目なら真鍮線入れてみます。

風防前面のクリアーブルーを塗ってマスキングしてから下塗りしましたが各種アンテナを忘れてました。

来週の出張帰ったら翼端削ってアンテナ類を貼って下塗りをします。
1/72 シーハリアー  ⑩
操縦席を塗り分けました。
デカール貼って射出座席を塗り分けてパイロットを乗せました。



吹き付けましたが塗料が届かなかったので筆塗りです。

334番と335番を持って来なければ迷彩の塗装が出来ませんね。
1/72 シーハリアー ⑨
この二週間で全くと言っていい程進んでいません。
エアーブレーキの内側がノッペラな作りなのでプラ板で桁の様なものを再現しました。後側を拡げたが尻すぼみが正しいのかもしれない。

翼端の燃料投棄バルブを作りましたが、もう少し寝かさないと似てきません。

明日は操縦席を塗って、パイロットを塗ってキャノピーを接着する所まで進みたいです。
1/72 シーハリアー⑧
機首の部分でこんな事をやってます。
0.5ミリの真鍮線を叩いて平たくしてます。

その後0.2ミリの洋白線を接着して0.3ミリのプラ板を切って貼りました。
見え難いですね。


この後の塗装作業で壊れるのは確実なので写真に収めておきましょうか。
1/72 シーハリアー ⑦
昔のキットなので省略されている所が多いんです。
操縦席後方が筒抜けでパイロットがスースーするので部品を追加工作します。
8ミリの半円を作ってこんな感じに接着して六角形が見えるので部品足してます。



でっち上げがうまく行って満足してます。

1/72 シーハリアー ⑥
排気ノズルの加工をしました。
穴を開けて、

削って、

0.3ミリのプラ板で仕切板を追加、

以前に買った長谷川の彫刻刀が役に立ちました。
1/72 シーハリアー ⑤
ピトー管を作り直すかどうか迷ってました。
理由はテーパーが掛かっている様に見えるんです。でもこの部分がボテだと印象が悪くなるので実物と若干違ってもシャープさを出そうと思います。その辺は大目に見て頂くというか自分の目にはこんな感じに見えますで通そうかと思います(汗

もしかして横のエアースクープも作り直しか?
1/72  シーハリアー④
うーん、翼端を薄く削っていたのですがテーブルにぶつけて折ってしまったので追加工作してます。

脚類を仮装着してみましたが四脚とも上手く着地してくれたので一安心です。
世界の傑作機の図面と胴体上面の航法灯の位置が違うみたいなので切り離してずらしました。クリアパーツで作り直せればいいのですが今回はこのままで塗ります。

1/72 シーハリアー ③
手に持ってブーンと遊ぶのは性。
でも手が滑るのは良くある事です。

右翼をこんな感じで直してたら左翼もやってしまった。

直すところが増えた。
1/72 シーハリアー ②
主翼を薄く削る工程で無くなってしまったモールドを再生する為にプラ板を削りました。
こんな感じで型を取ってます。

ピンバイスで穴を開けてデザインナイフで点を繋げて切り離します。


あとは細いダイヤモンドヤスリを使って地道に広げる行きます。

ほどほどで止めるのが難しいのでこんなモンでしょう。

エンジンファンを塗装しないとインテークが接着出来ないですね。
これが完成しなかったら静岡には行くのは辞めましょう。今年はそんな決意で締めくくります。
1/72 シーハリアー ①
インテーク周りの補助インテークが寝ぼけてますのでエッチングソーで切り込みを入れて彫り込みました。
本当はプラ板で作り直したいのですが難しい工作ですので妥協します。








胴体の縁も少し削ります。
こんな感じに仕上がります。
いい感じになってると思います。